医療法人社団 産科・婦人科 小室医院

358-0004 埼玉県入間市鍵山1-12-16

初診仮予約
フリーダイヤル
0120-12-9951

妊婦健診産科診療

妊娠の診断に始まり、安全なご出産を迎えられるよう定期的な健診を行ってまいります。なお、ご出産につきましては、適切な時期にご希望の施設へご紹介させていただきます。

当院で行う妊婦健診は?

妊娠の診断のあとは、おおむね2週間ごとに定期的な健診を行います。診察内容は、内診で子宮の発育具合をチェックすると同時に、エコー検査で赤ちゃんの大きさや位置、心臓の動きなどを観察します。
健診には、各都道府県単位で発行される妊婦健診助成券(一部公費負担制度)が利用できます。これらは母子手帳に添付されており、妊娠期間中14回ほど使用可能です。助成券には、次に述べる「妊娠初期検査」に応用できる受診票も含まれます。

妊娠初期に行う検査

当院では、妊娠の初期につぎのような検査を実施します。

A) 血液検査

梅毒反応
感染して間もないものや、未治療のケースでは赤ちゃんに影響が出ます。
風疹抗体
妊娠3ヵ月以内に風疹にかかると、赤ちゃんに心疾患をはじめ、いろいろな障害が出現することがあります。すでに抗体をお持ちのお母さまは、感染の確率は少なくなります。
Hbs抗原
HB抗原が陽性の方は、B型肝炎を発症する可能性があります。また、赤ちゃんも母体から感染(垂直感染)を受ける心配があります。
血液型
ABO型とRh型について調べます。出生後の赤ちゃんの黄疸の発症とも関係があり、また、分娩時の出血にも備えておくためです。
貧血検査
女性はもともと貧血の方が多く、とくに鉄分が不足した鉄欠乏性貧血が一般的です。
HCV抗体
C型肝炎に感染された方は、HCV抗体が陽性になります。また、分娩時に赤ちゃんへの感染(垂直感染)の危険性も指摘されています。
HIV抗体
いわゆるエイズウイルス検査です。最近は妊娠中に抗体検査を受けていただく習慣が定着しました。
トキソプラズマ抗体
主として動物が持っている病原体で、お母さまが感染すると、赤ちゃんに問題が認められる場合もあります。
不規則抗体
お母さまが血液中に不規則抗体を持っていると、生まれた赤ちゃんに「黄疸」が強く現われることがあります。
グルコース(血糖)
グルコースの数値は、お母さまに糖尿病の傾向があるかどうかの目安になります。

B) 細胞診

子宮頸がん検査
医療用ブラシを使って子宮口から細胞を採取し、子宮頸がんのチェックを行います。

着帯の儀

妊娠16週(第5ヵ月)以降の「戌(いぬ)の日」に、お腹に腹帯(さらし半反)を巻きます。
これは、

  • 子宮が正しい方向へ発育するよう支持する。
  • 大きくなった子宮によって生じる腰への負担を軽くする。
  • お腹を冷やさないように保温を図る。
  • 赤ちゃんの大きな動きをおさえて適正な位置に保つ。

などを目的として行う本邦独自の管理法です。腹帯を巻きますと、お腹がとても安定しますし、母親としての自覚も生まれるなどの効果も期待できます。
経産婦さんと違って、はじめてのご妊娠の方はもちろん巻き方をご存じないわけですから、当院のスタッフが巻き方をご指導させていただきます(帯は当院に用意してあります)。

※着帯が済んだ頃には、分娩を希望される施設へ順次ご紹介させていただきます。

帰省分娩をお考えの方へ

まず大事なのは、ご出産される病院に早めにご予約をしていただくことです。転院の時期は帰省先の先生のご指示にしたがって決まりますが、遅くても34週の頃にはお帰りいただくのが安全でしょう。
帰省時には改めて、それまでに当院で行った検査データやエコー写真をお付けした紹介状をお渡しいたします。

妊娠悪阻(つわり)管理

妊娠初期に、つわりのために吐き気や食事不振が強いと脱水症状が出現し、体重も減ります。そんなときには、ブドウ糖と各種ビタミンの点滴処置を行って体力の回復を図ります。

出生前診断

妊娠初期から中期の間にエコー検査、あるいは血液検査(クアトロテスト)などで、赤ちゃんの様子を観察いたします。また、必要なお母さまには羊水検査を行うこともあります。