医療法人社団 産科・婦人科 小室医院

358-0004 埼玉県入間市鍵山1-12-16

初診仮予約
フリーダイヤル
0120-12-9951

避妊相談(緊急避妊)避妊の方法と注意点

低用量ピルの処方、緊急避妊、避妊リングなどのご対応をいたします。

効果的な避妊法は?

女性にとって望まない妊娠は、身体的にも精神的にも非常に苦痛なものとなります。できればあらかじめ受胎調節を講じておくのが得策であることに間違いはありません。
避妊には従来よりいくつかの方法がありますが、信頼のおけるものとしては、IUD(子宮内避妊器具:リング)か経口避妊薬(ピル)になると思われます。そこでここでは両者の利点や注意点について改めて整理しておきます。

IUD(子宮内避妊器具)にはどのような特徴があるのでしょう?

避妊目的で子宮内に装着する器具をIUDと呼んでいます。当初はリング状の器具を入れていたために、避妊リングと言われていましたが、現在はより効果的で副作用が少ない形状のものが開発されています。
IUDは妊娠している恐れのない時期、すなわち生理があって次の排卵が起こる前(生理後7日以内)に装着します。子宮内に挿入するのは簡単で格別辛い処置ではありません。
IUDの最大の利点は、一度装着すればピルのように連日お薬を飲むといった日常のわずらわしさがない点です。当院では通常1年半から2年経ったら新しい器具に入れ替えます。また、改めて妊娠を希望される際には、その時点で抜去すればよいことになります。 ただ、リングは完璧な避妊法とは言えません。だいたい100人の女性がリングを入れて、あとの1年間で4人~5人の方が(リングが入っていても)妊娠する可能性があると言われていますので、そのあたりがIUDの限界と考えられます。ほかにも挿入直後に軽い出血や腹痛を伴ったり、月々の出血量が増えたり、期間が長引くなどの副作用が出る方もいらっしゃるようです。
IUDを安全にお使いいただくためには、ぜひ定期的な健診をお受けになるようおすすめいたします。

ピル(経口避妊薬)とはどのような薬でしょう?

現在、全世界の女性に幅広く受け入れられている避妊法です。IUDと違って飲み方さえ間違わなければ、ほぼ100%避妊が可能です。
お薬には1ヵ月に21日間飲んでいただくものと、28日間お使いいただくものとがありますが、当院では21日間服用するタイプの低用量ピルを採用しています。ピルには卵胞ホルモンと黄体ホルモンの2種類の女性ホルモンが含まれ、排卵が抑えられるため、確かな避妊効果が期待できます。
はじめてピルを使用される場合には、生理の初日から1日1錠ずつ服用を開始し、21日間飲んだら1週間ほど休薬します。休薬中に生理がありますが、1週間経ったら、出血が終わっていてもいなくても次の周期のお薬を飲み始める、これを毎月継続して繰り返すことになります。

ピルを使用するにあたっての注意点は?

ピルはホルモン剤ですから、特別な疾患をお持ちの女性は服用できないケースがあります。また、この種のお薬は多少血液を凝固させる作用を有するために、血栓の発症には常に注意すべきです。めったにあるわけではないのですが、ふくらはぎの痛みや手足のシビレ、むくみ、胸の強い痛み、激しい頭痛などをみたときには、血栓症(血管の中で血液が固まって、血管がつまる状態)の発症が疑われますので直ちに服用を止め、病院を受診して適切な処置を受けていただく必要があります。とくにヘビースモーカーの方では発症のリスクが高まると報告されています。
そこで、ピルを使っている間は、こういった副作用の予知を含め、以下に示すような検査を一定の間隔で受けていただくことが大切になります。

問診血圧測定、体重測定
血液検査貧血検査、肝機能、血糖、脂質(中性脂肪、コレステロール)など
子宮がん検査細胞診(頸がん)
超音波検査子宮、卵巣所見
乳がん検診乳腺外来(外科)

経口避妊薬を飲み始めた頃に、少量の出血や吐き気、乳房の張りなどを訴える方もいらっしゃいますが、これらの多くは、そのまま服用を続けているうちに自然に消失します。 お薬は夕食前とか、おやすみになる前とか、ご自分で大まかな時間を決めて飲んでください。また、うっかり忘れた際には、翌日に2日分を一緒に服用する対応でカバーできますが、それ以上空けた場合は出血が始まったり、効果が不確実になる恐れがありますので、その周期はほかの避妊法に切り替えてください。
(なお、避妊目的で使用されるピルは、病気ではありませんので健康保険の適応は受けられません。)

ピルの避妊以外の効用にはどのようなものがあるのでしょう?

ピルは元来、卵巣からの排卵を止め避妊の効果を得るわけですが、その副次的な効用として、排卵が抑えられるために機能的な生理痛(月経困難症)ばかりでなく、子宮内膜症の痛みにもその辛さを軽くする効果が期待できます。
そのほか一般に経血量が減りますので、出血量が多くて(過多月経)貧血に悩まされている女性にも有効ですし、生理が不順の方では周期が規則的になるといった利点も認められます。

妊娠を希望する場合は

ピルの服用を中止すると排卵も復活しますから妊娠は可能になります。ただ元通りの規則的な周期になるまでは妊娠は控えるのが望ましいとされます。長期にわたってピルを使用していた場合は、生理が再開するまでしばらくかかることもあります。

緊急避妊(アフターピル)ってどのような方法でしょう?

排卵日前後の危険な時期だったのに、ついうっかり避妊を忘れたり、コンドームが破れてしまったりして妊娠の心配があるときに行う緊急的な処置です。性行為後72時間以内に卵胞ホルモンと黄体ホルモンの入った中用量ピル(プラノバール錠)を2錠、その12時間後にさらに2錠追加と合計4錠を服用します(ヤッペ法)。こうして卵巣機能に急ブレーキをかけて排卵を抑えるか、また、すでに排卵後であったときには、受精卵の着床を阻止して妊娠の成立をくい止めます。
お薬は早めに飲んだ方が良いのですが、あくまでこれは緊急の方法ですので、効果は100%とは言えません。まずはきちんと、ピルを日頃から服用することがベターであることは言うまでもありません。

緊急避妊専用のお薬-ノルレボ錠

2011年5月から、わが国でも緊急避妊専用のお薬(ノルレボ錠)の発売が開始されました。このノルレボ錠は中用量ピルのプラノバール錠と違って、黄体ホルモンが含まれているだけですので、吐き気、嘔吐、気分不快などの副作用の出現が少なく、わりと飲みやすいとの評価が得られています。性交後72時間以内に1錠を1回で服用しますが、プラノバールと同様に早めに使った方がより効果的で、お薬の使用による妊娠阻止効果は、81%と報告されています。
ノルレボ錠は、当初より「緊急避妊」を目的として承認されたお薬ですので、最近は先に述べたプラノバールを用いたヤッペ法(代用法)から、この錠剤へ変更する施設が増えています。

※当院では、皆様のご希望によって二つの方法のうち何れかを選択できますが、もともとのお薬の価格が異なりますので、費用はプラノバール錠による緊急避妊が4,800円、ノルレボ錠による緊急避妊は14,800円となります。